TOP

WICTOR English Club TOP

WICTOR English Clubとは

レッスンコース

児童英検 英検

アクセス

Blog 問い合わせ
Imamersion 英語で算数
Imamersion 英語でピアノ
 
 WICTOR英語塾
 

WICTOR English Clubでは、小学卒業までに英検3級合格を目標にしております。

2011年度より、新指導要綱が本格導入され、その中の英語教育に関して賛否両論ある事は承知しております。

WICTORは、使える英語を目標にしております。

否定論で大半を占めるのは、中学の英語科の先生たちです。WICTORも中学校の英語教育現場に居る先生たちに賛同します。

小さいころから英語を学んできている多くの子供達は、中学入学時点では他の生徒たちと比べると大きなアドバンテージがあると勘違いします。

しかし、2学期が始まるころにはこのアドバンテージが一瞬で無くなってしまう事がほとんどのようです。

また、中学校に入学する時点ですでに「英語がキライ」になってしまっている児童もいると言う事です。

中学に入学して始めて英語を始めるほとんどの児童は、新しい教科であると言う事で心弾ませて来ます。しかし、英語嫌いになってしまった児童が1名でもクラスに居る場合、授業に弊害が出る場合もあるようです。

教科書の最初のページは、アルファベットであり、簡単なものの名前であったり簡単な挨拶であったりします。

この部分では、英語を学んできた児童には、おちゃのこさいさいなわけです。

しかし、1学期中盤からは”Be動詞””一般動詞”と言う日本語での文法説明が始まります。

子供にとって学習しなければならない事柄が、アルファベットや物の名前=これは単純に音真似だった事から文法が始まるわけです。

Pronunciation=発音、Spelling=スペル、Grammar=文法、 Grammatical word=文法単語など沢山の事を学ばなければならなくなります。

一気に高度なものになるわけです。これは大人でも大変な負担ですよね。

WICTORでは、日本で生まれた子供が日本語を覚えていく過程を英語に置き換えるレッスンを行っています。

しかし、この方法は時間がかかります。でも、使える英語にするためには一番の近道だと自負しています。

英検も、受験対策をすれば合格率は上がります。しかし、合格のための対策をして合格してもそれは本当に身に着いた実力でしょうか?

勿論、回答の方法(マークシート記入方法)や、3級以上での面接の事などはアナウンスします。

3級レベルのスキルを付けて、中学に入学すればPronunciation=発音、Spelling=スペル、Grammar=文法、 Grammatical word=文法単語の内多くの部分を楽に学んでいく事が出来るでしょう。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

新着ニュース
2013.2.22 NEW
メールにて24時間受付中です 

会 則

細 則

運営者情報

法定表示

プライバシー

連絡フォーム

リンク集

サイトマップ